大吉ヒストリー

◆初めての出会い

とある里親募集サイトで、白黒ハチワレ猫がおりました。

なんでも都内の神社で保護された、生後約2.5か月の超ビビり―な雄とのこと。
大変気に入った室長は、何日も悩んだ末『譲渡会に参加してみて気にいってもらえたら飼う!!』と決意しました。


譲渡会の日、ケージの奥で無言のまま固まっている白黒猫がいました。
室長が抱っこすると、猫は無言のまま全力でエビぞりしたのです。

それが大吉との初めての出会いでした。



◆そして猫がやってきた

それから約一週間後の2012年10月27日、エビぞりした猫が連れられてきました。


さっそく籠城開始。

daih20121027_1.jpg


本棚に移動し籠城。

daih20121027_2.jpg

一言も発せず、飲まず食わずのまま夜を迎えたのでした。



◆1日目(夜中)


チロチロと水を飲む音...

さらにトイレの砂をかく音。

そして、突然『うゃん!うゃん!』という犬と猫の中間のような鳴き声!!

ジーっと布団の中で身をひそめていると、なんということでしょう!
籠城していた白黒猫が助手の布団に入ってきたのです。

そのあと室長の布団とをいったりきたりしながら朝を迎えたのでした。



◆2日目

ソファの下で籠城開始。

daih20121028_2.jpg


ご飯の後。

daih20121028_3.jpg

籠城生活はあっさりと終了したのでした。



◆3日目

部屋でごろん。

daih20121029_1.jpg


トイレもばっちり。

daih20121029_2.jpg

ころっころと形のいいうん○を1日3,4回が日課でした。



◆2012年11月

初めての病院の後。

daih20121101_1.jpg

ビビると声をだせなくなるので、無言のまま体温計をブッスリさされていました。
大人しいので先生には好評です。
三種混合ワクチン(1回目)接種。



◆2012年12月

室長の椅子の上で。

daih20121209_1.jpg

三種混合ワクチン(2回目)接種。
軽い咽頭炎とのことで吸入してもらったりもしました。

管理組合からペット飼育許可も取れ、正式に居住が認められました。

室長が回虫を発見し心が折れていました。
検査のため、涙目でラップに包んだようです。病院に行き駆虫してもらいました。

駆虫後のうん○を見て、助手も涙目になりました(バカにしててゴメンでした)。
写真は怖ろしくて撮れませんでした。



◆2013年1月

初めてのお正月。

daih20130108_1.jpg

駆虫完了。うん○の度、怖かったさ...


◆2013年2月

去勢した大吉。

daih20130217_1.jpg

一緒にマイクロチップも埋めてもらいました。

X線検査、超音波検査、心電図検査、ウィルス検査などなど、
都会の病院ってすごいズラ~と驚く田舎者二人。



◆2013年3月

部屋で一番高い本棚を制覇。

daih20130318_1.jpg

写真は、本棚の上にある段ボール箱の上。
その後、箱と一緒に落っこちたので、段ボール箱は撤去されました。



◆2013年4月

順調に大きくなる大吉。

daih20130404_1.jpg



◆2013年5月

初めての旅行で疲れた大吉...
こちらをご覧ください)



そして2013年6月、当研究室がオープンしたのです。



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)